はかなごと

誰かに宛てる訳でもなく

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
罪と罰
「天の罰が下る」
「地獄に落ちる」
「神に裁かれる」

当たり前のように、そんな脅し文句を言う人がたくさん居るけど
あなた達、神をなめるんじゃないよ、と思う。
全知全能は全てを在るがままに受け入れる、限りなく深い御心の持ち主のはずじゃないのか?
人間界の些細な些細な1ナノメートルにも満たない罪状ごときで裁いたりなんかする訳がない。

そもそも神は裁かない。
善悪って概念は当たり前みたいに鎮座してるけど、そんなの人間が勝手に作り出したものだもの。
これが善いとか、悪いとか。
そんなもの、最初から存在しない。
だから神は全てを受け入れる。それはそれでしかない。善いも悪いも無い、強いて言うなら、善いし悪い。

まあ、現代では変わってきてるのかな。
「こうしなければ不幸になる」より、「こうすれば幸せになる」の方がウケがいい。
つまりは、手放す幸福さえ手にしていないっていう事なのだろうか。
うーん、飢えてるなあ。

私は一応、無宗教だし、今のところ自分の神も持っていない。
信じてないってのとはまた違って、信じてるけど自分の世界には持ってこないだけ。
偶像崇拝だけが信仰じゃないしなあ。
全てが神だから、一つに特定はしないだけなのかもしれない。うん。
| 世界の話 | 04:20 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| - | 04:20 | - | - |
概ね同意見ですな。

相対的に存在している我々は相対的にしか自分の立脚点を確認できない。これは、物理学で言う相対性理論と繋がるわけで、物事の存在を陰陽で認識する陰陽五行思想なんかとも繋がってるってのは言いすぎかしらね。
| Kohji Asakawa | 2009/01/08 12:47 AM |